援交の現実について

援助交際に行う男性達は元々道徳的観念も無く、自らの性欲を元に行動してしまう事も多い様なので、相手の少女達に何か起きてもその責任を取る事も無く、
第一最初から責任能力など無いのです。
けれども少女らは、「ホテルで付き合ってくれたら10万円渡すよ」などのとても甘い言葉に誘われて行う事も多い様です。
おいしい話には必ず裏がある事をよく理解しておいて下さい。この様な事が騙される理由になってきますが、彼女らの大半、「大金」が欲しいので、
その様な「悪い方」達と一緒に行う事になります。
そうしてそこで、何も起こらずきちんと10万円の大金を貰えればとてもおいしい儲け話になりますが、普通はそんな事は無い様です。
中にはお金を貰う事も無く無理やり犯されて、結果裸の写真を撮影され、それを元に脅迫される事も多い様です。
この援交の中に、その様な悲惨な事実がある事をとても信じられないと思いますが、想定外のトラウマ体験をしてしまう少女達も多く、実際にこの援交は、
とてもリスクが高いものになります。
それらの危険を大人達きちんと教えてあければいいのですが、家族も「うちの子供はそんな事は無い」と思う事も多いので、まずその様な事実を
認識する事が大切になってきます。
またそれ以外の事もきちんと教えてあげないと、この援助交際は消える事はないと思います。

援助交の怖さとは

援助交際の本当の怖さは、それに「ハマってしまったらなかなか抜け出す事が出来ない」と言う事です。
女性達はこの性的行為でお金を稼ぐ事を覚えると、とても簡単に大金を獲得出来る事に味をしめ、そこから抜け出す事がそう簡単に出来なくなってきます。
また何回もこの援交をしてしまうと、自ら知らない間に、「売春婦の姿」が自然伝わってくる様になってきます。
多くの男性達と関係した女性達はその様な雰囲気があり、そう言う気配にとても敏感な男性達は、その様な女性達を避ける事になります。
反対に身体が目的である男性達は自然と集う様になり、そこからになかなか抜け出す事が難しくなってくるのです。
けれども多くの女性は「老化」なるものがあります。現在はとても魅力感があるかもしれませんが、徐々にそれもなくなり、今と同様の方法で稼ぐ事は
出来なくなってきます。
それを察知して自分の老後の事をとても心配する事になれば、援助交際によって今まで生活費を稼いでいた女性達は最悪自殺をする事もあるのです。
援助交際自体は若い時の生活費を稼ぐ事は出来ますが、その後の老後の生活も保証しくれるものではありません。その様な事実はこの援助交際にハマっている
女性達にしてみたら、とても「脅威的」な事なので、彼女たらはいつも自分の未来を心配しているのです。